子連れ旅行Fun!家族旅行は心配なことや大変な事がいっぱい!そんな子連れ旅をとことん楽しむための情報サイトです.

子連れ旅行Fun!家族旅行・子連れ旅行をとことん楽しもう!

国内旅行

筑波山で子供と一緒にハイキング(山登り)!関東の日帰りでも楽しめる山を家族で満喫♪

更新日:

子供と始めてハイキング(山登り)に行ったのは去年の秋ごろ。日帰りでも行ける筑波山に登りました!

とにかく4歳の次男が登れるか心配だったし、何より体力のない私が登れるのか自信がなく・・・でも行ってみたら子供も私も思ったより楽しく登れたのでご紹介します!

筑波山ってどこ?

茨城県つくば市の北にある山で、常磐自動車道筑波ICから一般道で約40分。自宅のあるさいたま市からは約2時間ほどで着いたように思います。電車の場合は筑波駅からバスで行くことができます。

山頂は男体山と女体山に分かれていてそれぞれ登山口が異なります。筑波神社から登るのが、「男体山」、つつじヶ丘から登るのが「女体山」になります。初心者でも登れる山として人気。

それぞれケーブルカーやロープウェイがあり、山頂だけ楽しむ場合は乗ってもOK。また、下山だけ乗るというのも〇。

今回は良く分からず到着したのがつつじヶ丘の駐車場だったので女体山の山頂まで登りました!

登山レポート

登り始めは辛い・・・

出典:http://hello-tsukuba.jp/

女体山入り口の駐車場はレトロ感のある遊具があり昭和の香りがする場所でした。しかもジャンボ滑り台というのがあり、その滑り台に登るだけですでにハァハァな私と次男君、不安がよぎります。

さて、滑り台をして満足した子供達といざ出発!・・・ところが急な上り坂に100mぐらいできつくなってしまう始末。次男君も「無理。。。」と言って座り込んでしまいました。

出典:http://www.mt-tsukuba.com/

隣をみるとロープウェイがさっそうと追い越していきます。もう、あれにのろうか・・・と思ったのですが、周りを見ると4歳ぐらいの女の子も登っているのです。よし!もう少しがんばろう!と次男と気合いを入れなおし、再出発

それにしてもパパと8歳の長男はスイスイ登っていきます。小学生はやっぱり凄い

さらに進んでいくと急だった道が少しなだらかになります。そしてあんなに辛かったのに、なぜか少し呼吸が落ち着いて楽に登れるようになってきました。

出典:http://www.tsukubapress.com/

道は岩があったりしますが、4歳の子供でも無理のなく歩いて行ける感じです。そして緑の森が気持ちいい!だんだん山登りが楽しくなってきたのが登って30分ぐらいしてからでした。

岩が急になりさらに楽しく

途中、休憩所があり、もう頂上?と思ったのですが、甘かった・・・まだまだでした^^;

FullSizeRender (3)

「弁慶七戻りの奇岩」

でもその先の岩場が急になっていて、これを登るのが結構たのしい!途中には「弁慶七戻りの奇岩」という今にも落ちそうな大岩があったり、女体山だけに「母の胎内くぐり」なんていう場所もあり、楽しく登れます。その後は少しなだらかな道が続きいよいよ山頂が近い雰囲気に♪

出典:http://www.ky-housing.jp/ 「胎内くぐり」

 

とここで、人の渋滞が><この先岩が急で道が狭い為、渋滞が起こっていました。こんなところで・・・と思いましたが3連休中だったので仕方ないと思い、並びつつ少しずつ進みます。でも急なので子供にはこれぐらいでよかったかも(汗)

とうとう頂上に!

出典:http://richard-wave.my.coocan.jp/tukubasan2.html

そしてとうとう頂上に到着です!山頂は岩場になっていて、拓けた関東平野を望める良い景色!ただ、柵のない絶壁の上なので怖い(汗)しかも人が多く混み合っていて怖さ倍増!ほんとは空いている山頂をゆっくり楽しめたら幸せだろうな~っと。

FullSizeRender (1)でもとにかく山を登り切ったという達成感と普段運動をしない私には心地よい汗がなんとも気持ちよかったです!こんなに運動をしてすがすがしい気持ちになったのは初めてかもしれません。

と言いつつ「歩いて下山する?」の夫の問いかけに「ロープウェイで降りる」と即答した私。山ガールには程遠いかな(笑)

ちなみに体力がある方はこのまま男体山へさらにハイキングして下山するのが一般的なコースのようでした。(男体山→女体山でも〇。)ちなみに登った時間は休みながらゆっくり登って1時間40分ぐらいでした。

子供の感想は?

PHOT00000000000AFBD8_500_0

8歳の長男は始めての登山、しかもあまり運動が得意なタイプではありませんが、スイスイと登っていました。そして最初はダメかと思った4歳の次男も後半は楽しくなったようでスイスイと上がってたのが意外でした。

周りも子供連れの家族が多く、次男と同じぐらいの子から小学校高学年ぐらいの子までが多かったです。うちの子供達はまた登りたい!と言っているのでとても楽しかった様子。

私としてはオシャレな山ガール風の人が多かったので次はもう少しそれらしいファッションで臨みたいな~と。(今回はジーパンにスニーカー)まずは形から、ということで(笑)

近々、初心者向けの山、青梅の御岳山あたりに登りたいと思っているのでまたレポートします♪

-国内旅行
-, , , , ,

Copyright© 子連れ旅行Fun!家族旅行・子連れ旅行をとことん楽しもう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.