子連れ旅行Fun!家族旅行は心配なことや大変な事がいっぱい!そんな子連れ旅をとことん楽しむための情報サイトです.

子連れ旅行Fun!家族旅行・子連れ旅行をとことん楽しもう!

国内旅行 沖縄

石垣島のホテル「フサキリゾートヴィレッジ」が子連れにも最高♡【旅行記】

更新日:

家族で石垣島「フサキリゾートヴィレッジ」に行ってから時間が経ってしまったのですが、子連れにも最高のホテルだったのでご紹介したいと思います♪というか、実は今日、石垣島について調べる機会があって妙に思い出してしまったので書いてみました!

出典:http://travel.rakuten.co.jp/

石垣島をざっと紹介♪

石垣島には羽田からANAの直行便が羽田から2便、関西、中部、福岡からも飛んでいて、どんどん行きやすくなっている離島です。沖縄本島よりもまだ素朴さがあり、島全体も大きすぎないため、移動時間が少ないのも魅力。ただ、近年はリゾート開発が進んでいて、新しいホテルが増えています。

kabirabay

主な観光地はやはり、川平湾でしょうか。川平ブルーと呼ばれる、マリンブルーのようなエメラルドグリーンのようなグラデーションは息を呑む美しさです。ただ、行く時間を間違えるとガイドブックに載っているような色が見れなくて、残念、ということも。満潮の前後2時間がベストのようです。この時間はガラスボートで魚が沢山見れる時間でもあるということなので、潮見表を調べてから向かいましょう。

代表的な食べ物は石垣牛が有名。市街地には沢山の焼肉屋さんがあるので、ぜひ行ってみて欲しいです。我が家も出発前に予約していた焼肉屋さんに1日目の夜に行きました♪何が違うか!?と言われても正直わかりませんが、”石垣牛!”というだけでテンション上がって美味しかったです(笑)

フサキリゾートヴィレッジに決めた訳

IMG_1077

私は旅行に行く前にとことん、口コミや旅行記などをみて下調べする方で・・・正直、ANAインターコンチネンタル、石垣リゾートグランヴェリオ、石垣シーサイド、と迷いに迷い、最後はクラブメッドも候補に入ってしまうほど。

でも、最終的にはオンザビーチではないグランヴィリオはなし、クラブメッドと石垣シーサイドは遠い、ANAは高い、、、という結論に。それになんといっても桟橋の風景が素敵だったのでフサキに決めました。”団地みたいな部屋”とか”蟻が部屋にでる”などよくない口コミも沢山ありましたが、結果的にママ目線ではこの選択が大正解だった思います♪フサキリゾートの口コミ・予約はこちら♪

とにかくビーチがキレイ!

1日目、空港についたのが3時ぐらいでホテルについたのは4時ぐらいでた。チェックインしてお部屋に荷物を置いた後、まず憧れの桟橋のあるビーチへ。

 

あれっ?海と砂浜は確かに綺麗だけど、思ったほどではないな、、、と。ただ、晴れていたので夕陽が見れました。それは想像通り、絵になる光景で本当に素晴らしかった

IMG_1015

2日目の朝食の後も、ビーチを散策したのですが、ん?すごいキレイ!!昨日見たときより色が薄いブルーで本当に綺麗でした。昨日はなんだったんだろう?晴れていたし、、、これは曇っていた3日目もチェックアウトの時間まで海はとってもキレイだったので、やっぱり陽の当たる角度時間帯かな、と思います。

P1000622

そう、桟橋からは青い魚やハリセンボンが沢山見れました。さらにパパがバナナボートなどのアクティビティ用の桟橋から、ハリセンボンを素手でつかまえて手に針が刺さるというアクシデントも(笑)子供達は大喜びでしたが^^;

ホテル内の雰囲気が沖縄らしい♪

出典:http://www.jjokinawa.com/

ホテルの部屋は新しいテラス棟以外は、赤レンガの屋根が沖縄らしいコテージ型。私たちが泊まったのは一番スタンダードな「スーペリア」。普段はオーシャンビューにこだわる私なのですが、「ランク上の海の見える部屋でも見えずらい所もある」と言う事を聞いて追加料金を払ってまではいいかな、と思いやめました。

P1000602

実際のスーペリアのベランダ側です。実際に行ってみて、海が見えたに越したことはないけれど1階だし、大差はないかなという印象でした。ただ、1月に行ったので分かりませんが、海に入れる時期だったら、一番海側のほうが便利かもしれません。ちなみにこのタイプの部屋はベランダに椅子などはありませんでした。

コテージはだいたいが2部屋で一棟になっていて、部屋の中はゴージャスではないけれど、普通に綺麗な部屋でした。我が家には十分。ただ、子連れで気になるのは洗い場別のお風呂ではなかったこと。(新しいガーデン棟は洗い場別)あとは蟻が出ることもなく、快適に過ごせました。

P1000432

何より、コテージが並んでいる道に南国らしい植物や花が咲いていたりと、キレイに手入れされているのが高ポイント。普通のホテルでは味わえない、これぞ沖縄!というホテル内にテンションが上がりました。

ビーチに行く途中のガーデンにはハンモックが所々にあり、7歳と3歳のツボにはまって滞在中は良く遊んでいました。キッズエリアには滑り台も有り。

P1000605

ご飯については特に大きくハズレもなく、感動もなく。いたって普通の朝食だったような・・・あまり覚えていないです(汗)

夕食は1日目は車で20分かからない市街地の焼肉屋さんへ。2日目はホテル内の和食「ゆんたく」で食べました。美味しかったのですが、予約が取り辛く遅い夕飯になってしまったので、ホテル内で食べるときは早めの予約がベストです。

画像:http://www.fusaki.com

天候にも恵まれ、1月のフサキリゾートを十分に楽しめました。でも海の入れる時期に泊まったら、さらに楽しそうかな~っと。あの綺麗な海に入りたい!

でも一日中海やプールで遊ぶと体調を崩しがちな我が家の子供達にはこれぐらいの時期がよかったのかなとも(汗)とにかくオススメのホテルです!

最終日、竹富島へ♪

フサキをチェックアウトして3日目の最終日に竹富島へ行きました。ホテルから離島ターミナルへは20分ほど。連休だったので心配でしたが、特に事前に予約などせず大丈夫、と地元の方に聞いたのでターミナルで直接チケットをゲット。何社か販売しているので一番近い時間に出航する会社のチケットにしました。

水牛車つきでだいたい2000円ぐらいだったような・・・確かではありませんが、そんなには高くなかったです。

 

top01

出典:http://www.haimurubushi.co.jp/

竹富島へは船で10分ぐらい。あっという間についてしまいます。そしてバスに誘導され水牛車へ。ゆっくりと島の集落を見ながら、お姉さんが説明やら三味線をひきながら、歌を唄ってくれます。感想はなんだか懐かしいような、時間が止まったかのような、なんとも言えない貴重な時間でした。

その後はレンタルサイクリングを借りて島を散策します。これが電動付きのママチャリでも800円ぐらいで安かった^^子供用のチャリもあります。そして案内地図を見ながら、カイジ浜、コンドイビーチ、西浅橋を周りました。(特にサイクリング込のプランではなかったのですが、水牛車と同じところにあるので当たり前のようにこの流れに)

ガイドブックで予習していたので綺麗な海なのは分かっていたのですが、想像以上の海の美しさ!!曇っていたのにその薄いエメラルドブルーというか、透明というか、一言では表現できない海が視界の限り広がっていて、それはそれは絶景涙がでるほど感動してしまいました。

IMG_1041

モルディブなどキレイな海は見てきたけどこんなに心にグッときたのは初めて。(日常に疲れていた私の精神状態もあるのかも、ですが^^;)

その後は本当はオシャレなカフェでご飯でも食べたかったのに3:30分の飛行機に乗る為には時間なく、大急ぎで石垣空港に戻りました。(かなりダッシュしました)想像を超える素敵な島だったのでもっとゆっくりしたかった・・・いつかリベンジします!!

今回の日程まとめ

IMG_1025

1日目 11:15羽田発~15:00頃時着(少し遅れました)→フサキリゾート→夕飯は市街の焼肉へ

2日目 9時出発→御神崎(この付近でパパがサーフィンしました)→川平湾近くのカフェ(RsCafe)でランチ→川平湾にてグラスボート→ホテルへ戻り、夕食

3日目 10:00チェックアウト→離島ターミナル→竹富島→水牛車・サイクリング→離島ターミナル→石垣空港(15時30分)→羽田18:00頃

こんな感じの日程でした。1月の3連休で行ったのですが、出発日の朝も早すぎず、帰りも自宅には20:00過ぎには帰れたので次の日の学校も無理なく行けました。もう少しのんびりしたい気もしますが、さくっと楽しむには十分でした^^

雰囲気もどことなく沖縄本島と違い、八重山の起点となる「石垣島」は家族旅行・子連れ旅行にも本当にオススメです!

個人的には離島の海の色を知ってしまったので次は小浜島の星野リゾートかはいぶるむしに行ってみたいな、と。いつになることやら^^;フサキリゾートの口コミ・予約はこちら♪


子連れ旅行記や子共と行く旅行に役立つ記事をUPしています♪ブックマーク宜しくお願いします♡http://kodureryokou.net/

-国内旅行, 沖縄
-, , , ,

Copyright© 子連れ旅行Fun!家族旅行・子連れ旅行をとことん楽しもう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.